技術だけではダメ

a man writing message on the smartphone

これからjavaの勉強を始める方や、今すでにjavaの技術を持っている方は、javaの勉強によってコミュニケーション能力を下げてしまわないように気を付けましょう。
プログラミングは一人で勉強するものなので、どうしても家にこもりがちになってしまいます。そのような状態が続くと、どうしてもコミュニケーション力が減退していきますので、せっかく技術があっても面接の段階で不合格になり、どの求人でも働けなくなってしまいます。
javaの求人で働くためには、javaの技術はもちろん、面接で普通に話す際の最低限のコミュニケーション能力が必要になります。人づきあいが苦手な方がプログラマーを志すというのはよくある話ですが、実際にプログラマーで働くためにはある程度のコミュニケーションが必要なので、やはり人と話す訓練は必要だと思われます。

実際にプログラマー求人で働く場合は、クライアントや同僚と相談しながらJavaでのプログラミングを行います。その際に自分の意見をしっかり伝えることができなければいけないので、必ずコミュニケーション力が必要になります。
また、プロジェクトの中でリーダーの立場になった場合は、チームをまとめる力や、クライアントとの折衝も行いますので、よりコミュニケーション力が求められるといえます。
逆に言えば、javaの技術と同時にコミュニケーション力も持ち合わせていれば、どの会社でもどの求人でも重要なポストに就くことができるでしょう。より高い年収を狙う方は、javaの技術と同時にコミュニケーション力も養っておきましょう。